TEAM TANAGO

チームを作るということ Geek+Design and Nerd+Arts and Crappy+Crafts

ただ、家族全員揃って遊ぶだけ。それがチームタナゴです。

そんなの普通の事じゃないの?と、思います。私もそう思っていました。

でも、それがなかなか難しいのです。

 

小さな子供を連れて遊びに近くの公園に行くとだいたいはお母さんかお父さん、またはおじいちゃん、おばあちゃんがひとり付き添いで来てるだけという光景をよく見ます。

イベント時期になると、家族で出かけている光景もよく見かけますが、子供が行きたいところに「家族サービス」で連れて来ているご家族、よく見かけますね。

 

お父さん、お母さんが本当にやりたい事できてますか?
そこに子供は含まれているでしょうか。

 

大人が遊びたいところ、なかなか子供を連れていけないので我慢したり、お父さん、お母さんが交代で子供をみて・・・たまに息抜きに子供抜きでおでかけ。


・・・いきぬき?


家族ってそういうもんでしたっけ・・・という疑問がチームを作ったきっかけでした。

 

 

 

家族で過ごせる短い時間を、親も子供も同じように楽しむ。

それが「チーム」です。「家族」ではどうしてもお互い甘えがでてきてしまうのです。


チームの活動はチームメイトの努力によって成り立ちます。

チームにする事で、親と子供の関係のみでなく、チームメイトとして対等な目線で活動できるようになります。(もちろん、経験の差から活動内容によってはお互いをカバーしてあげます。)

 

目的は「チーム全員が楽しめる事」それを意識するだけで、外に飛び出し、豊かな経験を家族で果たせるようになります。

 

チームタナゴはさまざな理由から外に出るのがおっくうになったり萎縮してしがちな方々にさまざな経験と体験をする事は子供も大人も、誰でも関係なくできる、ということを実体験で示して行きたいと思います。

わたしのファミカセ展 2017出展中